ソフトマシーン ソフトマシーン

BLOG

2022年7月28日

【事例紹介】ロゴのデザイン制作

こんにちは。ソフトマシーンの高山です。

以前からお付き合いのあるクライアント様から

新しく始めるサービスのロゴの制作のご依頼をいただきました。

 

まずはお客様のご要望をヒアリング。

福利厚生に関する企業と企業、会社と社員、社員と家族を繋ぐサービスを展開されるとのことから

サービス名は「TUMUGU」となりました。

糸を紡いでゆくように、働きやすい環境のある未来を紡いでまいります。

実はこのサービス名は弊社の社長、松本が考えた案が採用されたものなのです。 \(^o^)/

 

ロゴのデザインは弊社の複数人を投入して、それぞれの頭で複数の案を考えてゆきます。

提出期限は土日を挟んだ5日後、休日の間も気になって考えてしまいますっ!

 

A・B・C・D・F・F 案  & その他の案

長くなるのでここでは書きませんが、それぞれにコンセプトがあります。

 

 

出た案を揃えてクライアント様に送ります。

 

そして、お返事は

「B案」でした!

さらに色の組み合わせを数案出して、クライアント様の感覚により合わせてゆきます。

 

 

色のお返事はE案となりました。

さらに微調整をして、ロゴの仕様書(レギュレーション)を作成して納品いたします。

 

 

このロゴのコンセプトは・・・

3人が腕を絡めているところが、紡いでいる形になっています。

福利厚生サービスなので、人の温もりや、繋がりを感じさせるようなアイコンにいたしました。

 

ソフトマシーン制作金額はこちら

 

 

 

デザイナー

takayama

ひらめく事、大胆なデザインが得意

こんな記事も
読まれています

CONTACT & WORKS

お気軽にご相談・お問い合わせください